So-net無料ブログ作成
検索選択

中国電力、島根原発の点検漏れ1665件(読売新聞)

 松江市の島根原子力発電所1号機(出力46万キロ・ワット)、2号機(同82万キロ・ワット)の点検漏れを調査していた中国電力は30日、定期検査で自主点検の計画通りに点検をしなかった点検漏れが、合計で1665件に上ったと発表した。このうち506件は、計画表で記載した分解・交換の時期を過ぎてそのまま使用されていた。同社の山下隆社長は同日、経済産業省を訪れ、社内調査の中間報告書を増子輝彦副大臣に提出、謝罪した。

 増子経産副大臣は山下社長に対し、「強く遺憾に思う。今後、原子力安全・保安院が立ち入り検査をしたうえ、厳正な対応を行う」と述べた。1、2号機は現在、運転停止中で、再開のめどは立っていない。

 今回の報告は、3月に蒸気外側弁のモーターなど重要機器の点検漏れが123件見つかったことを受け、保安院が同社に総点検を指示したもの。同社は、1974年の1号機の運転開始以来の定期検査で、約7万件の機器の点検を指示した計画表と、実際に行われた内容を記した工事報告書とを照合した。

 原発の定期検査は、点検すべき機器の数が膨大なため、安全上とくに重要な制御棒の作動などを除き、電力会社が安全確保に必要な「保安規定」に基づいて自主検査し、国などが抜き打ちでチェックする仕組み。

 同社は3月に見つかった点検漏れの原因について、点検の管理部門と現場の連絡が不徹底で、点検計画の内容が現場に誤解して伝わっていたうえ、管理部門が点検内容を記した工事報告書の確認を怠ったなどと説明している。

首都高でもエコカー割引検討=新料金制で、前原国交相(時事通信)
防衛相「県外移設へ努力」=反対集会代表ら要請−普天間(時事通信)
ウソのような本当の腕時計「Double Axis Tourbillon」
シバザクラ 12万株、丘一面染める 愛知・南知多(毎日新聞)
福井知事が月内に了承、もんじゅ運転再開へ(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。